フィクシー縛りの4年間

街乗りでビュンビュン自転車を走らせて、楽しみ、
日常の移動手段として使うには、フィクシーが最適だという話でした。


私は、当初、そのようにしてフィクシーからスポーツ自転車に入っていったのですが、
多くの自転車にはまる人たちと違って、結構長いこと、フィクシーをやり続けたんですね。
結果として4年間フィクシー漬け。
その間、3台のフィクシーを自分で組みました。

その理由は、超単純で、ちょうど自転車を始めた頃に長女が生まれ、
奥さんと赤ちゃんを置いて1日ライド、なんてあの頃は絶対にできなかったのです。
うん。仕事以外で2時間どこかに出かけるってだけでかなりヒンシュクでしたから!笑
そうこうするうちに、その2年後に次女も生まれてしまい、
まあ、4年間は、自分勝手に外に出ることはできなかったって、
そんな単純な理由でした。


でも、ずっとフィクシーに乗ってペダリングを意識し続けていたら、
私の通常回すケイデンスは、結構はやくねぇ?ってことになりました。

ロードに乗り換えて、1年。
平均ケイデンスなどもみんなデータで残るようになっている今ですが、
私は、常に平均ケイデンスが96から100の間で、
前回も書きましたように、
ケイデンス120ぐらいまでは回すのが普通になっているのです。
(中距離のライドで、いつも計測される最高ケイデンスでは、130以上です)


まあ、それが子育てによるフィクシー縛りの結果かどうかはわからんのですが。。笑




そんなこんなで、最初に買ったフィクシーが楽しくて、楽しくてしょうがなく、
まずは、みなさんと同じように、次から次へと改造パーツを探し、
交換する、ってことをやっていったんですね。



以前写真をアップした最初のフィクシー、
「黒の鉄の塊フィクシー」を買ってから、1年弱して、
こんなイビツなフィクシーに変身してしまいました!

Griffon改


うーん。当時はこれ、かっこいいと思っていたんですが、
今見ると、最初の方時の方がよっぽどかっこいいですよね。


この後、後輪とサドルを交換することになるわけですが、
そうすると、めでたく、「フレーム以外のパーツは全て改造済み」
という状態になるところでした。


そうして、今度は、フレームを買い。。
と、なって、2代目のフィクシーに突入していくわけです。

0 Comments

Leave a comment