なぜベジタリアンか。

ベジタリアン、って
日本ではあまり一般的ではないのではないでしょうか。

多分、基本的には、日本人はヨーロッパの人よりはずっと偏りの少ない食生活をしていますから、
特別に肉食による害を感じる人が少ない、というのがあるからかもしれません。


ヨーロッパでは、20人も集まって食事をすれば、2、3人は最低でもベジタリアンがいる感じなので、
まあ、少なく見積もっても、一割はベジタリアンがいるということになるのでしょうか。




私のライフスタイルのコンセプトの一番重要な点は、
「絶頂状態を維持して生きる」ところにありまして、
その絶頂状態というのは、
身体的な健康だけでなく、
感情的にも、快活かつおおらかで、
思考も、起きている間、完全にシャープであり続ける状態でありまして、

それらのことは、性格の問題だとか、
単純に頭がいい人、悪い人がもともと決まっているように思われているように思いますが、
実は、生活のあり方によって、ほとんどコントロール可能なのだ、
というのが、私のアイディアなのであります。



その生活のあり方というのが、
例えば、私の場合は、
自分自身の環境の中で、一番実践しやすく、
自分も好きで続けられる、また老年までも続けられる、スポーツ自転車というものと、
ベジタリアン、という食生活だったわけですね。



私にとっては、環境的に自転車が完璧だったというのと同じように、
ベジタリアンも、私にとって、完全にスッキリした状態でいるために完璧だった
というだけの話で、誰にでも同じであるはずはないと思うのですが、


完璧に明晰であるために、ベジタリアンという選択肢は、かなり捨てがたい
というところは確かなことのように思います。


その結論に至る、トライアンド、エラーの過程をこれから少し書いていこうと思います。

0 Comments

Leave a comment